読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しがないOLの食べた日記

関西限定の味ログです

白身魚の悲しい味

生臭さに耐えきれずに
食べられません。。と告白した
ランチ経験を、初めてした。

自分の体と精神のコンディションが悪いのも関係していたかもしれないけど
ほんとうに一口だけで諦める自分に
びっくりしたし、白身魚の常識が
覆された。

おそらく、不味くても
何も言わずに去るのが普通なんだと思う
でも、メインが全く食べられないのは
悲しくお腹もずっとスタンバイしていたので
お店の方に 失礼ながらその旨をお伝えした。

すると、豚肉の生姜焼きを
さっと炒めて出してくれた

食べると美味しい。

申し訳なさでいっぱいだけれど
生姜焼きの旨さに出会えたので
ほっと胸を撫で下ろす。

美味しい!というのはポジティブで
簡単だけれど不味いですというのは
気が引けてなかなか言えないお客さんも
多いはずで、そんなお客に対して
理由を聞き出したり、正当化したりせずに
すぐにスッと違うメニューを出してくれる
潔さに感謝。。

(ワガママなお客でごめんなさい。
美味しい生姜焼き、ご馳走様でした。